火曜日, 10月 22, 2019

自作最大サイズのキーボードを組立

コンパクトが正義な自作キーボード界隈として、最大級サイズとなる75キー(15列×5行)のキーボードを作ってみた。
注文したのは随分前だったんですが、ケース、プレート、基板各々で別の業者に注文した為、プレートだけが到着まで一ヶ月以上かかり、やっとこの休みに組み立てることができた次第。
この基板は電子部品ははんだ付け済みで、スイッチも差し込むだけの楽々仕様で、組み立てを楽しむ暇なく完成。
このサイズになるとレイアウトの自由度があるので、通常のホームポジションの中央2列を開ける事で、手首の窮屈感の軽減を狙っています。


キー数は多いですがortholinearなキーレイアウトのおかげでHappy Hacking keyboardよりも僅かにコンパクトで、ケースも軽量なプラスチック製としたので持ち運びもし易く、自宅作業用として活躍に期待しております。

キーキャップは仮で良さげなものを物色中ですので最終的なデザインは変わる予定です。

日曜日, 9月 29, 2019

GODANキーボードを作ってみた

Androidのローマ字入力特化型キーボード配列である、GODANキーボードを作ってみた。

本来このキーボード基盤は左右用として一つづつ作成し、TRRSケーブルで繋いで使う「Let's split」という左右分割型なんですが、TRRSのジャックがアキバでも手に入らず、泣く泣く通販で注文する事になったので、片側一つでできそうなGODANキーボードを暇つぶしで作った次第。
一応、この記事はこのキーボードで書いていますが、使いやすいとは言い難いものの、ソフトウェアキーボードだと指先の潤いが無い為タッチ判定が渋いというストレスからは開放されます。
当初はスマホと同様に両手で持って親指での入力を想定していましたが、今のところは置いた状態で両手人差し指が一番早いようです。 慣れればテンキーのように片手でサクサク打てそうな気もしますが、5×5配列のほうが指の距離感としては良さそうです。
長男(11)がローマ字入力が遅いのでこのキーボードでどの程度改善するか試してみる予定です。

この「Let's split」という基盤は一つ問題があり、著作権的に問題がありそうなシルク印刷がされています。 ショップがキットを発売中止したりしてますしねぇ…。
対策としてシルク印刷が見えないようにアンダープレートを付けてあるので、著作権者からツッコまれることはないかと思います。

多分、大丈夫だよねぇ…

水曜日, 9月 25, 2019

キーボード沼は深い

キーボード沼から未だ抜けられず…。

少し前に、30キーキーボード GHERKIN を2つ程組み立てた。
プリント基板は5セット有るので、パネル有り、パネル無しの2バージョンを作成。
作ってから知りましたが、パネル無しには5ピンのスイッチを使わなくてはいけない事を知り、只今スイッチを注文中。
確かにはんだ付けしたピンだけで支えられているのは、どうみても脆そうなので気にはなってたんですけど…。

30キーでも、癖は強いものの意外と使えるという印象で、見た目よりは悪くない感じ。 特に自分がDvorakerという事もあり家族共用のPCや、スマホに接続して使う場合などには重宝している次第。

プリント基板注文の最小ロットが5枚なので、余ると思っていましたが、むしろ色々ネタキーボードを作るには丁度よいので、追加発注検討中。

土曜日, 8月 31, 2019

自作キーボード2台目

キーボードの弐号機組み立て。
この手の40%キーボードではPlanckが有名ですが、人気もあって入手が困難なようなので中華製40%キーボード「Niu Mini」を購入してみました。

常用するならこのサイズがミニマムリミットかなぁとは思いますし、実際こちらの記事もこのキーボードでテストがてら書いてます。
キットのケースはアルマイト処理された削り出しで、重さもあり市販品の様です。
インターフェースがミニUSBなのが唯一残念な所でしょうか…。
キースイッチはKailhのパープル(タクタイル)をメインに、同Box Redを最下ラインに並べる構成としました。 気が向いたら、ファンクションなどの特定キーを変更するかもしれません。
気になった点としては、付属のネジが長すぎてケースがちゃんと閉まらなかった事でしょうか。 まぁそこら辺りはご愛顧という事で(笑)。 長い分には切れば済みますし。
キーキャップは今人気のプロファイルを採用している、ビッグバンにしましたが、指への当たりが良い感じです。
まぁDOVRAK使いとしてはQWERTY並びの文字は単なる飾りですけどね…。
コンパクトさは流石で、HHKBを引っ張り出して比較してみましたが、HHKBってこんなに大きかったっけ?と思う程、小さいです。 これで軽ければ持ち歩きたくもなりますが、流石にケースが重い(総重量900g+)ですからねぇ…

土曜日, 8月 24, 2019

キーボードを組み立てた

長男がPCを組み立てたので、自分はキーボードを組み立ててみた。

パーツは秋葉原の遊舎工房で揃えた。
キーボードの組み立てに関しては難しい部分は無いので、初心者の練習としてもお薦めだと思います。

組み立て自体は簡単に終わったのですが、実はそこからが長かった事を思い知らされる…。
ファームウェアの書き込みでどんな配列に出来るのはで、通常位置に無いキーを何処に配置するか、逆に余っているキーになんの機能を割り当てるかでまず悩む。
更にレイヤーを何層にするかを決め、各レイヤーの機能コンセプトを決め、そのキー配置まで決めていたら、いつしか夜が明けていた…。

そんなこんなで完成はしましたが、キーキャップを替えたりと、楽しみは無限大な気がしますので、もう何台か組み立てたいですかね(笑)

金曜日, 8月 02, 2019

ゲーミングPC完成も…

昨日、長男(10)はPCの組み立てを行った。

構成は以下の通り。
OS : Windows10 Home 64bit
CPU : Ryzen 5 2600
メモリ : Team DDR4 3000Mhz(PC4-24000) 4GBx2枚(8GBkit)
グラボ : ASRock Phantom gaming model PG X Radeon RX590 8G OC
HDD : Seagate BarraCuda 3.5" 2TB HDD 6Gb/s 256MB 7200rpm
SSD : Western Digital / WD Blue SN500 NVMe SSD / 500GB
MB : ASUS TUF B450M-PLUS GAMING
電源 : KRPW-BK650W/85+
組立自体は殆どが、解説本や説明書通りにすすめていけば良かったんですが、一つだけ問題だったのは、ケース上のPowerSWやResetSW、LED等を繋ぐ部分の説明が載っていない上、基板上の文字も見づらかったところでしょうか…。
結局、その部分だけは写真を撮り、拡大&フィルターをかけて見えるようにした上で、作業を行いました。

ゲーミング用ディスプレイは無いのでTVに接続して起動チェック。 初期起動時に画面が出ずに焦りましたが、一度リセットスイッチを押して再起動して以降は問題無い模様。

ソフトウェアのセッティングについては、手順を見せつつ私が行いました。 BIOSについても存在を確認させる程度に操作をしたものの、BIOSがグラフィカルになっていてむしろ私の方が驚いたり…。

取り敢えず、Fortniteを入れてテストプレイしようとするが、起動せず四苦八苦していたら、ちょうどシーズンXの公開日でサーバが落ちていたというオチ…。
その後無事起動して今回のミッション終了。

水曜日, 7月 31, 2019

夏休みの自由研究?でPCを組み立て

長男(10)が夏休みなので(自由研究?)PCを組み立てたいと言い出したので、取り敢えずPC組み立て入門本を買い与えて予算を立てさせる。

本体のみで予算5万円(キーボード・マウス別)で予算を立てさせるも、目標としているスペックが<FortniteをPS4以上のヌルヌル描画でプレイしたい>との事から、流石に新品パーツだけでは厳しいかなというところで、本に載っていたおすすめ構成を、ほぼそのままに予算を計上してきた。
CPU : Ryzen 5 2600
メモリ : 4GBx2枚
HDD : 2TB (SSDは予算の関係で諦めたらしい)
MB : ASUS TUF B450M-PLUS GAMING
電源 : 500~600W
ケース:可能な限り安いもの
5万円という予算自体は目安では有ったので、目標スペック以上でコストパフォーマンスの高そうなグラボとSSDを追加し、最終的に以下構成となった。
OS : Windows10 Home 64bit
CPU : Ryzen 5 2600
メモリ : Team DDR4 3000Mhz(PC4-24000) 4GBx2枚(8GBkit)
グラボ : ASRock Phantom gaming model PG X Radeon RX590 8G
HDD : Seagate BarraCuda 3.5" 2TB HDD 6Gb/s 256MB 7200rpm
SSD : Western Digital / WD Blue SN500 NVMe SSD / 500GB
MB : ASUS TUF B450M-PLUS GAMING
電源 : KRPW-BK650W/85+
ケース : 4300円の格安品
OS込みで10万に収まったので順当なところでしょうか。
Amazonで注文したパーツが、今日中には全て届くはずなので、明日は組み立て出来るかな。

月曜日, 2月 18, 2019

すっかり死に体のこのブログですが、年一ぐらいでは投稿しておこうかと思います。

最近のトピックとしては「新型ジムニー」が欲しいという事ぐらい。

流石に安サラリーマンの3人子持ちの身が、自分用に車を買える程世の中甘くないので買うには至りませんが、毎日ネット動画を漁る毎日です。
特に維持費は駐車場代が大変高く、軽自動車でも普通車でも維持費は変わらないイメージなので、純粋に2台になるのは厳しいんですよねぇ。

日曜日, 7月 22, 2018

長男の自転車が納車された

長男(9)の自転車が納車された

車種はブリヂストン Anchor RJ1

基本的には長男の好みの色で探したら、消去法でこの自転車になっただけですが、1モデル1カラーが当たり前の中で3カラーを揃えているブリヂストンは消費者の気持ちを理解できているなぁと思う次第。

クランク長の問題からクランク関連はSuginoですが、コンポーネントはClarisでまとめられております。
ブレーキや、ワイヤー類だけ社外品という事が多いだけに、ブリヂストンの実直な作りには頭が下がる思いです。

長男も走りたくてウズウズしておりますが、連日の猛暑で遠出は難しいので近場をちょろちょろ走りながら様子を見ていこうかと思います。

木曜日, 2月 15, 2018

生存確認

こちらは完全に死にアカウントとなっておりますが、生存確認の為投稿。

生活習慣病になる等、否応なく加齢を痛感しておりますが取り敢えず生きております。